縁付金箔

縁付金箔(伝統金箔・縁付)

ユネスコ無形文化遺産 2020年12月登録

 

縁付金箔

日本の文化財を支える「縁付金箔」
ユネスコ世界文化遺産に


箔打ち紙に手漉き和紙を用いてつくられる「縁付金箔(えんつけきんぱく)」は、国宝や重要文化財などの修復に欠くことのできない技の文化財として、2014年に国の選定保存技術に認定されました。
そしてこのたび、同じく国の選定保存技術である17分野の職人が継承する「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」のひとつとして、「縁付金箔」は2020年12月、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

 

ユネスコ世界文化遺産

国際連合教育科学文化機関(United Nations Educational Scientific and Cultural Organization)。無形文化遺産の保護、無形文化遺産の重要性及び相互評価の重要性に関する意識の向上などを目的とした国連の専門機関。フランス共和国のパリに本部が置かれ、179の締約国から成ります。詳しくは文化庁のWebページをご覧ください。

 

文化庁ウェブサイト

文化庁のサイトへ

 

 

■関連サイト
金沢金箔伝統技術保存会 >

 

 

 

国宝修復に欠かせない
稀少な製造技術、縁付製法

 

約400年前から存在し、今では金沢でのみつくられている製法。手漉きの和紙を箔打ち紙に用いる箔の製法で、手打ちから機械打ちになったほかは、金沢箔の歴史において変わらない伝統の技です。
しかしその技術は、後継者不足に加え、原材料や道具などの確保なども困難となってきた今、年々生産量も職人の数も減少の一途をたどっているのが現状です。後世に残すための取り組みが必要とされています。

 

 

伝統金箔・縁付の製造工程 >

 

縁付の製造工程

 

 

 

 

日本の金箔の99%を生産する産地

金沢に息づく、箔づくりの技

いつ頃から金沢で金箔がつくられるようになったかは定かではありませんが、今では金沢は、日本の金箔の99%を生産する産地となりました。
製法によって金箔は大きく2種類に分けられます。ひとつはこのたび、ユネスコ無形文化遺産に登録された「縁付金箔(伝統金箔・縁付)」の製法。もうひとつは、近代に開発され、世界各国でも作られている「断切(たちきり)製法」による「現代金箔・断切(断切金箔)」。効率的に量産できるため、近年では「現代金箔・断切」が主流となっています。

 

 

 

 

 

箔座の取組み

 

箔座(高岡製箔)は、創業以来「縁付金箔」をつくり続け、国宝や文化財の存続に貢献することを使命としています。中尊寺金色堂(岩手)、清水寺(京都)、西本願寺(京都)、金沢西別院(石川)ほか、国宝や重要文化財の修復に納めてきました。
また、製法が異なるそれぞれの箔によって用途を使い分け、食用には特に科学的な材料・素材を用いないことにこだわり、箔座ブランドにおける食用の金箔はすべて「伝統金箔・縁付」を使用。器やアクセサリーなどの分野では、「現代金箔・断切」を使用しています。
そのほか、稀少な縁付の製法と技術を後世につないでいくために、職人の育成、需要の創出に取り組んでいます。

 

文化財の修復について >

 

20201216153313

中尊寺金色堂  ⓒ中尊寺 *画像の無断転載・無断使用を固く禁じます

 

 

 

 

黄金の茶室

縁付金箔 一号色 約40,000枚使用(1990年4月28日より公開)

「縁付金箔」を間近にご覧いただける
稀有な存在

箔座本店「黄金の茶室」

 

高品質の「縁付金箔」約4万枚で仕上げた黄金の空間。箔の下地となる漆塗りは、本場・京都から職人を招き約50日間をかけて漆黒の呂色仕上げに。箔押もやはり京都の職人が手掛け、品質と技術の最高峰を駆使してつくりあげました。コーティングは施しておらず、箔そのものがもつ力、美しさをそのままご覧いただけます。
「縁付金箔」が全面的に使われている建造物を間近にご覧になれるところは少なく、たいへん稀有な存在です。